読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web Magazine hamatra

スタジアムを熱く、楽しくする横浜F・マリノスサポーターのためのウェブマガジン「Web Magazine hamatra」(ウェブマガジン ハマトラ)  Presented by NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク

Google Translate: 

hamatra NFM 002:2017関東サッカーリーグ開幕!

いよいよ今週末より、我らが日本工学院F・マリノスが参戦している「関東サッカーリーグ2部」が開幕いたします!

f:id:yfm-8ch:20170412064205j:plain

この「関東サッカーリーグ2部」、一体どのようなリーグなのでしょうか。

また、今シーズンの日本工学院F・マリノスの注目選手は誰なのでしょうか。

開幕直前、リーグの見どころについて語りたいと思います。


関東サッカーリーグ2部とは

f:id:yfm-8ch:20170412064256j:plain

www.kanto-sl.jp

関東サッカーリーグ2部は、J1をピラミッドの頂点とする日本のサッカー界において、上から数えて6番目に位置する、いわば日本の「6部リーグ」です。

J1→J2→J3→JFL→関東サッカーリーグ1部→関東サッカーリーグ2部

関東地方1都6県+山梨県から、1部10チーム、2部10チームの合計20チームが関東サッカーリーグに所属しております。

その中で、2017シーズンの関東サッカーリーグ2部に所属するチームは、以下の10チームとなります。


[2016関東1部 9位] tonan前橋 (群馬県)
[2016関東1部 10位] FC KOREA (東京都)
[2016関東2部 3位] 神奈川県教員SC (神奈川県)
[2016関東2部 4位] 日本工学院F・マリノス (神奈川県)
[2016関東2部 5位] エスペランサSC (神奈川県)
[2016関東2部 6位] 東邦チタニウム (神奈川県)
[2016関東2部 7位] 東京国際大学FC (埼玉県)
[2016関東2部 8位] 早稲田ユナイテッド (東京都)
[2016関東大会 1位] TUY (神奈川県)
[2016関東大会 2位] 横浜GSFCコブラ (神奈川県)


神奈川県所属のチームが非常に多いですね。全10チーム中、過半数の6チームが神奈川県のチームとなります。

ちなみに我らが日本工学院F・マリノスは、活動拠点およびホームグラウンド自体は日本工学院八王子専門学校の所在地である東京都八王子市にありますが、横浜F・マリノスと提携していることから、所属は神奈川県となっております。

日本工学院F・マリノスは2012年に関東サッカーリーグ2部に初昇格して以降、6年連続となる関東2部への参戦となりますが、これは現在関東2部に所属する全チームの中で最も長くこのリーグに在籍しているチームとなります。(ちなみに、2番目に在籍年数が長いチームは、2013年より5シーズン所属している神奈川県教員SCとなります。)

2012年に関東2部に所属していた他のチームは、全て関東1部以上に昇格、もしくは都県リーグに降格しております。

数年の間でガラリと顔ぶれが変わるこのリーグにおいて、学生主体で毎年メンバーが入れ替わる日本工学院F・マリノスがこれだけ長い期間在籍できているということは、実はすごいことなのです。チームが継続的に成長できているということだと思います。


日本工学院F・マリノス リーグ戦年間日程

f:id:yfm-8ch:20170412064405j:plain

2017シーズンの日本工学院F・マリノスの関東サッカーリーグ2部の年間日程は、以下の通りとなっております。


[前期]
第1節 4月15日(土)11:00 vs 東京国際大学FC @日本工学院グラウンド
第2節 4月29日(土)11:00 vs 東邦チタニウム @日本工学院グラウンド(AWAY)
第3節 5月 6日(土)11:00 vs 横浜GSFCコブラ @日本工学院グラウンド
第4節 5月13日(土)11:00 vs 神奈川県教員SC @日本工学院グラウンド
第5節 5月20日(土)11:00 vs FC KOREA @日本工学院グラウンド
第6節 5月27日(土)11:00 vs エスペランサSC @日本工学院グラウンド
第7節 6月24日(土)11:00 vs TUY @日本工学院グラウンド(AWAY)
第8節 7月 1日(土)11:00 vs tonan前橋 @日本工学院グラウンド
第9節 7月 8日(土)11:00 vs 早稲田ユナイテッド @日本工学院グラウンド(AWAY)

[後期]
第1節 7月15日(土)10:30 vs 東京国際大学FC @東京国際大学坂戸キャンパス第2サッカー場
第2節 7月22日(土)11:00 vs 東邦チタニウム @日本工学院グラウンド
第3節 7月30日(日)14:00 vs 横浜GSFCコブラ @保土ケ谷公園サッカー場
第4節 8月19日(土)11:00 vs 神奈川県教員SC @日本工学院グラウンド(AWAY)
第5節 8月26日(土)19:00 vs FC KOREA @赤羽スポーツの森公園競技場
第6節 9月 2日(土)11:00 vs エスペランサSC @日本工学院グラウンド(AWAY)
第7節 9月 9日(土)11:00 vs TUY @日本工学院グラウンド
第8節 9月17日(日)11:00 vs tonan前橋 @NTT図南スーパーグランド
第9節 9月24日(日)11:00 vs 早稲田ユナイテッド @日本工学院グラウンド


まず、日程は前期と後期に分かれておりますが、順位を決定するのはあくまで年間を通じての勝点であり、前期・後期と分かれていることにはさほど意味はありません。

そしてなんと、2017シーズンの前期に行われる9試合は全て日本工学院F・マリノスのホーム・日本工学院グラウンドで開催されるという日程になっております(笑)

これはそもそも前期の9試合中6試合がホームゲームで、後期に3試合しかホームゲームがないというバランスの悪さもあります。

さらに、前期の9試合中3試合のアウェイゲームについても、全て日本工学院グラウンドで実施されるのです。

後期にも2試合、アウェイ扱いの日本工学院グラウンド開催の試合がありますね。

これは、関東サッカーリーグにおいては特定のホームスタジアム、ホームグラウンドを持っていないチームがほとんどであり、大半のチームは公営のグラウンドなどを借りてホームゲームを開催しております。

そんな中で、日本工学院グラウンドは他のチームにグラウンドを貸し出すということも行っているため、このように日本工学院F・マリノスの対戦相手のホームゲームを日本工学院グラウンドで行うケースが頻繁に発生しているのです。

日本工学院F・マリノスにとっては、慣れているホームグラウンドでの試合数が増えるため、有利ですね(笑)

というわけで、今シーズンも全18試合中14試合が日本工学院グラウンドで開催される試合となりますので、皆様ぜひ日本工学院グラウンドに足をお運びください!


日本工学院グラウンドへのアクセスについては、以下の記事をご参照ください。

blog.livedoor.jp

その他の関東サッカーリーグの全日程につきましては、関東サッカーリーグ公式サイトをご覧ください。

www.kanto-sl.jp


日本工学院F・マリノス 注目選手紹介

それではここで、今シーズンの日本工学院F・マリノス所属選手の中から、ぜひこの選手に注目していただきたい!という選手を、今回は2人ご紹介したいと思います。


日本工学院F・マリノス FW 9 伊藤 峻平

f:id:yfm-8ch:20170412064625j:plain

伊藤 峻平(いとう しゅんぺい)2年生

昨シーズン、リーグ戦で7ゴール、カップ戦のKSL市原カップで3ゴールを決めた、日本工学院F・マリノスのエースストライカーです。

武相高校から加入した昨シーズンは、開幕戦からスターティングメンバーに抜擢されると、その後も1トップに定着。

プレースタイルは、決して圧倒的なスピードを持っていたり、体格に恵まれていたりするわけではありませんが、前線から全力でプレスをかけ続け、後方からのロングボールには体を張ってポストとなり、そして非凡なシュートセンスで右足・左足・ヘディングと多彩なゴールを決めることができる、非常に現代的なストライカーと言えると思います。

そのプレースタイルと風貌から、高校時代には「武相のネイマール」と呼ばれていた伊藤選手は、「日本工学院のネイマール」となるため、今シーズンもゴールを量産してくれることでしょう!


日本工学院F・マリノス MF 12 毛利 大河

f:id:yfm-8ch:20170412064659j:plain

毛利 大河(もうり たいが)1年生

今シーズン、野洲高校より新加入した毛利選手。
シーズン前の1月からAチームに帯同し続け、練習試合等にも参加し続けている、期待の新1年生です。

サイドハーフもしくはウィングを主戦場とするアタッカーで、足元のテクニックは野洲高校出身選手そのもの。非常に高い技術とアイディアを兼ね備えている選手です。

先日、リーグ戦に先駆けて行われました、第22回 神奈川県サッカー選手権大会(天皇杯神奈川県予選) 1回戦 桐蔭横浜大学戦

この試合で、毛利選手はまだ入学前ながら、先発フル出場を果たしました。

中でも後半、相手DF2人に囲まれながら、魔法のようなステップでターンしその2人の間を突破したシーンは、圧巻のプレーでした。

またテクニックのみならず、守備面においても前線からのプレスによる限定やボール奪取など、献身的なチームプレーもできる選手です。

昨年の野洲高校を選手権に導いた男、毛利大河選手。今シーズン期待大のルーキーです!


今回は伊藤峻平選手と毛利大河選手をご紹介させていただきましたが、日本工学院F・マリノスには他にも注目選手がたくさんおります!

ぜひ会場にお越しいただき、注目選手を見つけてみてはいかがでしょうか。


おわりに

今シーズンの日本工学院F・マリノスの選手一覧は、以下のリンクからPDFファイルをダウンロードできますので、ぜひ観戦のお供にどうぞ!
http://blog.livedoor.jp/nfm_news/NFM_Player_2017.pdf

応援歌詞カードもございます。ぜひ一緒に応援しましょう!
http://blog.livedoor.jp/nfm_news/NFM_Info_2017.pdf


また、日本工学院F・マリノスについての情報は、以下のTwitterアカウントやブログでも発信しております。

twitter.com

blog.livedoor.jp

Twitterアカウントでは主に試合告知や、試合当日の会場の様子、スターティングメンバー、前半終了時と試合終了時のスコア速報を投稿しております。 ブログでは主に試合結果の記事を掲載しております。

こちらもぜひご覧ください!


最後に、あらためて開幕戦の告知をさせていただきます。

トップチームの試合もない日ですので、みなさま、ぜひ日本工学院グラウンドに足をお運びになって、日本工学院F・マリノスへのご声援をよろしくお願いいたします!


2017年4月15日(土)11:00キックオフ
関東サッカーリーグ2部 前期第1節
日本工学院F・マリノス vs 東京国際大学FC
会場:日本工学院グラウンド



text:シューマ(@shu_ma)
edit:はち(@hachhing

© NPO 法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク