読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web Magazine hamatra

スタジアムを熱く、楽しくする横浜F・マリノスサポーターのためのウェブマガジン「Web Magazine hamatra」(ウェブマガジン ハマトラ)  Presented by NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク

Google Translate: 

hamatra YOUTH 008:全国への道のり

f:id:yfm-8ch:20170513115951j:plain

夏の王者を決めるべく、日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会に横浜F・マリノスユースが参戦しますが、一昨年の優勝チームとして再びタイトルを掴みにいきます。


日本クラブユースサッカー選手権とは

この大会は、1977年から開催されている高校生年代のクラブユースのチームによる日本一を決める大会ですので、通年で行われているプレミアリーグのように高校のチームに参加資格はありません。

毎年夏に開催されていて、以前は準々決勝まで福島県のJヴィレッジで行われていましたが、震災以降は群馬県(主に前橋市内)で行い、準決勝以降はニッパツ三ツ沢球技場が試合会場となっています。


近年の成績

近年ですと、マリノスユースは2015年と2013年に優勝、2012年に準優勝、2010年にBEST4という好成績を収めています。

2015年のユース出身のJリーガー
・遠藤渓太
・小松駿太(Y.S.C.C.横浜)
・和田昌士(レノファ山口FC)

2013年のユース出身のJリーガー
・汰木康也(モンテディオ山形)

2012年のユース出身のJリーガー
・岩壁裕也(Y.S.C.C.横浜)
・喜田拓也
・高野遼

2010年のユース出身のJリーガー
・小野裕二(サガン鳥栖)
・星広太(福島ユナイテッドFC)
・星雄次(レノファ山口FC)
・松本翔(サウルコス福井)


関東大会

まずは上位11チームに与えられる全国への切符を掴むべく、関東大会を戦い抜くわけですが、既に一次予選は終了し、通過したチームとプリンスリーグ、(マリノスユースなどがいる)プレミアリーグに参加している計32チームにより、二次予選と称してるノックアウトステージを行います。

2016年から二次予選はリーグ戦からノックアウトステージに変わったことにより、2回勝てば全国への切符を掴み、5回勝てば関東大会優勝という構図になりましたが、1発勝負ですので、何が起こるか分かりません。

(トーナメント表)
http://www.kanto-cy.com/U18/2017/jcy-u18-kanto-final.pdf

確かに毎年のように全国へと駒を進めていますし、関東大会と言えば格下のチームと対戦すると高確率で大量得点が見込める試合が多かったです。

ですが、日本サッカーの育成の賜物により全体的な底上げが成され、近年は楽な試合が減りましたし、2015年は全国優勝してますが、その道のりは険しく関東大会にて(当時はグループステージ)土俵際まで追い詰められ、あと1歩で姿を消すところでした。

プロクラブのアカデミーを前に相手チームは一泡吹かせようとジャイアントキリングを狙ってきますので、マリノスユースとしてはどこが相手だろうと受け身にならず、気を引き締めて臨むようにしなければなりません。

f:id:yfm-8ch:20170513115307j:plain

1回戦は対Y.S.C.C.横浜ユース

プレビュー

プレミアリーグでは、5戦終えて3分2敗と勝利から見放され、苦しいスタートとなったマリノスユース。

ちょっとした隙を突かれたり、ここぞという場面で得点が奪えないことからチームとして耐えきれず失点してしまうこともあって全体的に自信を失いかけています。

この悪い流れを断ち切るためにもクラブユース選手権では、勝利に対する拘りを発揮することで自信を取り戻し、ノックアウトステージを勝ち上がっていくようにしたいところです。

初戦の相手は、同じ神奈川県内のY.S.C.C.横浜ユース。

今季は、プレミアリーグ、プリンスリーグ、神奈川県リーグ一部、二部、三部と上から数えると実質五部リーグに該当するK3リーグ(神奈川県U-18サッカーリーグ三部)に在籍しているため、マリノスユースからすると明らかに格下との対戦になります。

昨夏に観た練習試合の印象としては、コンパクトな守備で前線からの圧力が強くて高い位置でボールカットすることを目的とし、網を張っているので奪った際には勢いのある縦に速いスピーディーな攻撃を仕掛けてきます。

仮に早い段階で1点を取られるようなことがあれば、相手の術中に嵌って厳しい展開となることが予想されますが、何時だって勝利や自信は与えられるものではなく、自ら掴み取るものである以上、強い気持ちで臨みましょう!


注目選手

横浜F・マリノスユース:FW 22 栗原秀輔

栗原 秀輔(くりはら しゅうすけ)2年生

攻撃的なポジションを主戦場とする推進力のあるアタッカーです。

ジュニアユースの時は主将を務めていたこともあって責任感が強く、チームのためなら労を惜しまずに走り続けることが出来る選手です。


観戦情報(日時・場所など)

2017年5月21日(日曜)10:15 キックオフ
日本クラブユースサッカー選手権 関東大会 1回戦
横浜F・マリノスユース vs Y.S.C.C.横浜ユース
会場:しんよこフットボールパーク



今後の日程

・日本クラブユースサッカー選手権 関東大会 2回戦
 5月27日(土曜)16:15~ vs (栃木SC vs FC MAKUHARI の勝者)
 (みなとみらいスポーツパーク)

・日本クラブユース選手権 関東大会 準々決勝
 6月3日(土曜)11:00~
 (新日鉄住金グラウンド)

・日本クラブユースサッカー選手権 関東大会 準決勝
 6月4日(日曜)13:00~
 (鹿島アントラーズ クラブハウスグラウンド)

・日本クラブユースサッカー選手権 関東大会 決勝
 6月11日(日曜)13:00~
 (鹿島アントラーズ クラブハウスグラウンド)

※ 各試合、無料で観れます。



text:はち(@hachhing

© NPO 法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク