読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web Magazine hamatra

スタジアムを熱く、楽しくする横浜F・マリノスサポーターのためのウェブマガジン「Web Magazine hamatra」(ウェブマガジン ハマトラ)  Presented by NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク

hamatra column 001:トリコロールの旗でつくる日常と非日常

f:id:loconista:20170224112649j:plain

4ヶ月ぶりのホームゲーム。
日常が戻ってきたとも言えるし、非日常だからこそスタジアムに通う人もいる。

共にこのスタジアムで闘った選手がチームを去っても今日私たちはここにいる。
名前は知らないけど、気付けば挨拶をして再会を喜ぶ仲間がいる。

開幕戦までの日数をカウントダウンして待ち望んでいた今日がやってきた。
スタジアムでは普段とは違う自分になり、大きな声を出せる空間になっている。

サッカーの応援は日常であり非日常なんだと思う。

そんな風に感じる人が増えればもっとスタジアムに人は集まり熱気は増す。そして、更に人が集まる。
そんなスタジアムにしたいと願い今シーズンから原則として、毎試合ホームゲームでトリコロールの旗の貸し出しを行います。
この旗をキッカケにスタジアムの日常と非日常をより皆さんに感じてもらえればと願っています。

日常という面では、、、
旗をキッカケに周りの方とコミニケーションをとってもらいたいと願っています。
旗は一列に一本のバランスで貸し出しします。
見えづらくないですか?交代で振りませんか?という一言から旗をキッカケに人と人を繋げる事が出来ればスタジアムの一体感は増していく。
初めてきた人もいつも同じ場所にいる人も関係なく1人でも多くの方に参加してもらえると嬉しいです。
新たな仲間ができたり応援により参加することでスタジアムが日常になる。

非日常という面では、、、
民衆の歌の際は旗を掲げるのではなく、旗を振ってください。見栄えが全然違います。

アンセムや選手入場時はもちろんゴールが決まった際などには旗を振ってください!!
スタジアムを皆の力でトリコロールに染めましょう。非日常の雰囲気を創り出すのは一人一人の応援です。

勝負事なので楽しいことばかりではないかもしれない。それでも団結して仲間と力を合わせれば乗り越えていける。
みなさんのご参加をよろしくお願いします!!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
選手入場前の応援について
選手紹介→手拍子
民衆の歌→旗を振る!!そして、もっと大きな声で歌いましょう
アンセム→タオルorマフラーorLサイズ以上の旗を振る。タオルをスタジアム中で掲げながら皆でアンセムの雰囲気を作りましょう。
アンセム後の応援→曲問わずタオルorマフラーをまわす。Lサイズ以上の旗を振る

スタジアム全体で同じ動作をして一体感ある雰囲気を作るためにご参加をよろしくお願いします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

text:ひろあき(@hiro_aki_tter2)
photo:エリー

© NPO 法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク